新着情報

●2015/08/10
車検に落ちてしまった場合はどうする?の情報を更新しました。
●2015/08/03
車検に出すタイミングと期間の情報を更新しました。
●2015/08/03
車検の費用を抑える裏ワザの情報を更新しました。
●2015/08/03
車検代行のメリットとデメリットの情報を更新しました。
●2015/08/03
実はたくさんある車検窓口の種類の情報を更新しました。

車検に落ちてしまった場合はどうする?

ユーザー車検で車検をしてみた結果、自分では問題ないと思っていたが、検査官から不具合を指摘されて車検に落ちてしまうこともあります。
そうなると車検証が発行されないので走行することができません。
では車検に落ちてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
■不具合箇所を直して再受験
車検に落ちてしまっても不具合箇所を直すことで当日中に再受験することが可能です。
直した部分だけを再検査することで合格すればちゃんと車検証を手に入れることができます。
このとき追加料金は初回含めての3回目までは発生しませんので、落ち着いて修理して再検査してください。
ちなみに4回目以降の再検査の場合は再検査手数料が1700円ほど発生します。
hhrftrs
再検査を受ける際は、検査官に対して再検査である旨を伝えてください。
■後日再受験する場合
当日中に直せないなどの理由で後日再受験する場合は少し状況が変わってきます。
当日中に直せないため整備工場等に車を運ぶ必要がありますが、車検に落ちているため通常は公道を走ることが許されません。
そのため「限定自動車検査証」というものを発行してもらう必要があります。
これを発行してもらうことで最大15日間だけ検査や整備のために走ることを許されます。
この15日間を過ぎてしまうともう公道で走ることはできませんのでトラックなどで運んでもらう必要があります。
余計な出費が出てしまうので15日以内に指定整備工場などに行き、検査・整備してもらいましょう。
■車検に落ちてしまっても落ち着くこと
車検に落ちてしまったからといって焦ることは全くありません。
まずは落ち着いて、なぜ車検に落ちてしまったのかを確認し、すぐに対応できるものかどうか判断し、対処してください。
車検を受けなきゃと思ったが、そういえば車検っていつから受けることができるの?となった経験皆さんあるのではないでしょうか?
そもそもうちの車の車検期間いつだろうという方も少なくないと思います。
そこで今回は車検はいつから受けることができるのか、また、車検期間を確認するための方法は?という疑問にお答えします。
■車検が受けれるのは1ヶ月前から
まず、車検を受けることができるのは車検有効期間が切れる1ヶ月前からとなっています。
また、車検の有効期間は前の有効期間から2年という形で引き継がれますので、1ヶ月前に車検したからといって前の車検期間が1ヶ月損するということはありません。
つまり、車検期間が切れる1ヶ月前に車検を行うと、次の車検期間は2年と1ヶ月となるイメージです。
車検期間を確認する方法は2つあります。
1つは車検証を確認する方法です。車検証は基本的に車内に常備している方が多いと思いますので簡単に確認できると思います。
2つ目は検査証票のステッカーを確認する方法です。これは車のフロントガラスに貼り付けることが義務となっていますのでこちらもすぐに確認が可能かと思います。
検査証票で何年の何月までが有効期限か確認ができます。
■車検期間が過ぎているのに走行すると・・・
仮に車検期間が過ぎているのに公道を走った場合はどうなるのでしょうか?
この場合は無車検車運行により違反点数6点、罰則が6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金と思い処分が定められています。
車検期間が過ぎている車では絶対に走行しないようにしましょう。
■車検は早めに受けましょう
車検は早めに受けても有効期限はちゃんと継続されるので早めに受けることをオススメします。
仮に車検期間が過ぎている場合は仮ナンバーを申請して車検を受けに行くか、業者に依頼してトラックで運んでもらいましょう。
もし車検が切れてしまった場合でも大丈夫!格安の車検切れ車検ならクリック車検へご相談ください。

Copyright(C)2015 車検切れにならない為に! All Rights Reserved.